土地の価値とは

0 Comment

そもそも、土地の価値というのはどのようにして決められるのでしょうか。実は土地の価格には主に4つの種類があります。まず、実勢価格です。こちらは市場取引における時価や相場などのことです。次に公示地価、あるいは基準地価というものがあります。こちらは国や都道府県の公表している標準値や基準地の価格のことです。ただし、定められた地点の価格のみが公表されているため、補正しなければいけません。

相続税評価額さらに相続税評価額というものがあります。こちらは相続税を計算する際のもとになる土地の評価額のことです。これはあくまでも税金を計算するためのものであり、時価ではないため注意しましょう。固定資産税評価額というものもあります。こちらも固定資産税額の算出のためのものです。

この中で一番参考になるのは実勢価格でしょう。こちらは実際に取引されている価格のことです。これは常に変動しているものです。調べるためには、たとえばいろいろな不動産会社から査定を受けてみることによって、その平均を求めればだいたい実勢価格に近い数字が割り出せるでしょう。複数の会社から査定をもらうことが大切です。そうすることによって、より正確な相場を調べることができるようになります。